本文へスキップ

TEL. 080-2021-1403

〒790-0914 愛媛県松山市三町3丁目3-26

介助犬 / 聴導犬Service Dogs / Hearing Dogs

  • 身体障害者補助犬を知っていますか?                                  身体障害者補助犬とは盲導犬・介助犬・聴導犬の3種類の障がい者を助ける犬達です。
    Dog for Life Japanでは
    肢体不自由者を助ける介助犬・聴覚障がい者を助ける聴導犬の育成、貸与、普及活動をおこなっています。
  • 身体障害者補助犬法について
     2003年10月1日に良質な身体障害補助犬の育成、補助犬を使用する身体障がい者の施設等の利用の円滑化補助犬を使用する身体障がい者の自立及び社会参加の促進を目的として施行されました。          詳しくは厚生労働省ホームページをご覧ください。 
  • 街で補助犬と出会ったら                                       盲導犬は白いハーネス。介助犬・聴導犬はケープを着用している時はお仕事中です。            3つの約束を守ってください。                                                                                    1、補助犬を見つめない・声をかけない・勝手に触らない                       2、補助犬の使用者さんが困っている時は声を掛けてあげて下さい                    3、公共施設や交通機関への同伴が認められています。暖かく受け入れてください                                                                 補助犬が活躍しやすい社会にする為に皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。
  • 介助犬 / 聴導犬と一緒に生活したい、もっと詳しくしりたい                                              介助犬について       聴導犬について                                                                           
  • 各種企業・施設・教育機関の皆様へ                              補助犬を皆様に知っていただく為にイベントや講演会、教育機関での総合授業などを積極的に行っております。補助犬について詳しく理解していただくことで企業や施設の皆様がより安心して受け入れることができます。お気軽にお問い合わせください。                                                  小学校での授業風景
  • 介助犬 / 聴導犬の普及活動にご協力ください                              Dog for Life Japanでは介助犬・聴導犬を必要としている方に無償で提供しています。 一頭の介助犬、聴導犬を育成するために約200万円の費用が必要とされています。 補助犬の育成費用は皆様からの寄付で賄われております。 皆さまからのご寄付、 募金箱やパンフレットを設置していただける企業や施設を募集しています。ご協力お願いいたします。  
  Dog for Life Japanへの寄付振り込み先
   
   伊予銀行   北条支店
   (普)1600237
   名義;ドックフォーライフジャパン 




  • 物資の寄付のお願い                                       訓練中の介助犬,聴導犬達が毎日の生活やトレーニングに必要な物資のを送ってください            ☆ ペットシーツ    ☆ タオルや毛布(洗濯済みの物)  ☆ 未使用の切手やはがき
                                 

Dog for Life Japan

〒790-0914
愛媛県松山市三町3丁目3-26

TEL 080-2021-1403
E-mail info@dogforlife.org
http://dogforlife.org